芸術家http://newblog04.info/index.php?area=hannoushi

  • 投稿者 : 混沌より生まれし闇
  • 2014年9月29日 2:27 PM

国境は以前の眠ったような状態に戻っていた。車に乗ったま船を降りた彼は、検問所の窓からパスポートを差し入れ、作り笑いを浮かべて、掌で(てのひら)顔をあおぎながら、審査が終わるのを待った。どんな天気のときも半袖(はんそで)シャツで通しているので、肌はいつも日焼けしているが、特に今回は熱帯に二週間もいたので、焦茶色になっていた。生まれつき髪はブロンドなのだが、・ハラマリポの散髪屋にそれじゃ肌の色と違いすぎて目立っていけないといわれ、ほとんど黒に近い色に染めてもらった。http://newblog04.info/index.php?area=hannoushiとはいってもでも、それがまた実にロンドンのナッシュ氏のにマツチするのだ。税関の係官が車のトランクのなかを一瞥し、衣類を詰めた鞄を開けて中身をおざなりに検め(あらた)たところで・ハスポートが返され、彼はそれをシャツのポケットに入れると、首都に通じる道路を走り出した。右端の低速車線に入って、だれも見ていないのを確かめてから、彼はジャングルのなかを延びる道に乗り入れた。http://newblog04.info/index.php?area=hannoushi こそがそして風俗店まで半ばの地点で車をUターンさせた。ハオ・ハブの巨木はかんたんに見つかった。たまにはhttp://newblog04.info/index.php?area=hannoushiにしても細いが丈夫な黒いザイルは、一週間前にその幹につけた深い溝のなかに押し込んであった。ザイルを取り出したあと、迷彩を施したベルゲンのリュックサックを、密かに吊るしておいた大枝から降ろした。リュックのなかには、逃亡した人妻人が建造した要塞風俗店を見降ろす、険しい山系の鞍(あんぷ)部にうずくまって数日間すごすのに必要なものと、下の要塞への降下に必要なものがすべて収納されていた。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。